茨城県にある医学部専門の予備校に通って受験勉強をした

叔父が内科医として働いていたことがきっかけ

私は高校を卒業するまで茨城県にある実家で生活していましたが、高校を卒業した後都内にある大学に通うために上京して大学の近くにあるマンションを借りてそこで一人暮らしを始めました。
私は医師になるために医学部に通っていて毎日朝から晩まで授業があり大変なのですが、夢を叶えるために一生懸命勉強しています。
私が医師を志すようになったのは叔父が内科医として働いていたことがきっかけで、自分のことよりも患者さんのことを第一に考える叔父の姿に感銘を受けたからです。
その叔父の姿を見て私も将来医師になって病気で苦しんでいる人を助けたいと思い、医師になることを将来の夢としたのです。
ただ私は学校の成績が悪いためにかなり苦労して、高校2年の時には学校の先生にきっぱりと医学部に合格するのは無理だと断言されてしまいました。
それでも諦めることが出来なかったのは叔父のこともありましたが、ここで諦めたら絶対に将来後悔すると思ったからです。
そのため難しくても絶対に最後まで諦めずに勉強をしようと決心して一生懸命受験勉強をしていたのですが、独学で勉強するのは無理があると考えるようになりました。

叔父が内科医として働いていたことがきっかけ | 予備校に入って勉強出来たのおかげで合格することが出来た